ひのきは、お寺や神社を建てるための木材として古くから用いられ、日本では建材として最高品質のものとされています。地元大井川産のひのきの使用により、静岡の風土や暮らしに適応した家を創ることが可能です。
木造在来軸組工法は、大工・職人が施工現場で木材の継ぎ手、仕口の部材を手刻みで加工します。最近の規格化された住宅ではブレスカット(機械が自動で行う加工)が主流ですが、手刻みとの大きな違いは、大工が木の性質を見極め、使う場所・使う方向・木の癖を見ながら適材適所で木材を使用する点です。つまり、木を生かした、こだわりの家づくりでは、大工の技術が生きているのです。
家づくりに関する想いのすべてをお話ください。営業マンはいません。家を創る大工が、お客様のお話をお聞きします。家族の想い・夢をかたちにするために、何回でも打ち合わせを重ね、お客様の考えを生かした、世界にひとつだけの家を造ります。